唐ゼミによるテントでの演劇 今年も水の広場で開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

新宿中央公園昨年の12月に劇団唐ゼミによる演劇が行われましたが、同劇団による全く別の演劇が、現在新宿中央公園の水の広場にて行われています。

今回披露される演目は「腰巻お仙 振袖火事の巻」というもので、約50年前に無許可で公演を行い、機動隊なども出動した経験がある公演の再演だそうです。もちろん、今回は許可を得ての上演となっていて、後援には新宿区、協力には公園管理者である新宿中央公園パークアップ共同体の名前が記載されていました。

前回に引き続き、新宿区民であることを証明できる身分証明証があれば料金が半額になる割引キャンペーンが行われているそうなので、区民であれば映画館よりも安い料金で演劇を楽しめます。演劇は12日まで行われる予定で、いずれも18時開場、18時30分を予定しています。

唐ゼミ唐ゼミ

第26回公演 『腰巻お仙 振袖火事の巻』 – 公演情報 | 劇団唐ゼミ☆

広告