紀伊国屋ビルの地下にある「ニューながい」が閉店。「クローブ」が来月オープンへ

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

紀伊国屋書店の本店は、ちょっとした地下街のような形になっており、新宿3丁目駅までの通路の間に飲食店がひしめきあっているのですが、その中の一つであるカレー屋さんの「ニューながい」が閉店し、新しいお店が入る準備が行われていました。

紀伊国屋の正面にある入り口の右側にある階段を下りてすぐの所にあるため、最も目立つお店の一つでもあったニューながいですが、現在は白い壁に覆われており、小さなスペースに作られていた少しこじゃれた雰囲気のカレー屋さんの姿はすっかり消えてしまっていました。ただ、(見に行った時間の関係かもしれませんが)現在の所大掛かりな工事が行われている様子はなく、リフォーム業者などが出入りして作業を行っている姿もありませんでした。

また、この場所には新しいカレー屋さんがオープンする事が壁に掲載された張り紙に記載されており、「クローブ」という名前のお店になるとのことでした。キャッチコピー(?)は「野菜とスパイスのカレー」となっており、ニューながいの時の定食屋さんテイストな雰囲気から一転して、オシャレな雰囲気を醸し出すカフェのようなデザインのお店が描かれておりました。このお店のオープンは11月中旬になるとのことです。

広告