新宿プリンスホテルで「長崎フェア」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

現在新宿の百貨店では北海道をテーマに扱ったフェアが大々的に行われていますが、それぞれの百貨店から少し離れた所にある新宿プリンスホテルでは、長崎県にスポットライトを当てたフェアを今月1日から10月31日までの日程で開催しています。

このフェアでは長崎県が後援、協賛に波佐見焼振興会と壱岐修造組合が名を連ねており、「焼酎を味わう会」や「壱岐の七蔵フェア」といった、長崎の地で味わうことのできる様々な焼酎を、新宿にいながらにして楽しむことができるようになっています。また、ランチ・ディナーには3000円~7000円のコース料理が4種類用意されており、色鮮やかな料理と美しい食器を楽しむことができるようになっています。また、ディナーの料理を予約した方には、波佐見焼の「重宝皿」と呼ばれるものが、先着100名にプレゼントされるとのことなので、利用される方は早めに予約された方がいいかもしれません。

もちろん、プリンスホテルの地下で営業されている「プリンスバイキング」もこのフェアに参加しており、長崎フェアスイーツブッフェと題して、10月31日までの間に長崎てんぷらや「佐世保風」バーガー、皿うどんやトルコライスなど、長崎ならではの料理が全て食べ放題で提供されることになっています。予約状況を見た所、まだまだ余裕があるようですが、一部の時間では既に予約上限に達している日もありますので、こちらのフェアに参加される方も、なるべく早いうちに日時を決めておいた方が無難なのかもしれません。

・長崎フェア2011年9月10月

広告