新宿ステーションスクエアで大掛かりな「花壇の補修工事」を実施中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区の感染者数について(外部サイト)

毎日のように様々な商品のプロモーション活動などが行われており、待ち合わせ場所としてもお馴染みの新宿ステーションスクエアに、現在大きなバリケードが作られています。

壁面に貼り付けられていた張り紙によると、これは花壇を補修するためのものだそうで、9月上旬から作業をはじめ、工事が終わるのは10月下旬ごろになると書かれており、約2カ月にわたる大掛かりな(?)補修工事になるようです。花壇といっても、新宿ステーションスクエアの花壇にはぎっしりと花が敷き詰められているわけではなく、また、花壇の周辺を囲っているバリケードが非常に大きいので、もしかしたら木の手入れなども行われる予定があるのかもしれません。

来週には脱原発デモが予定されており、非常に多くの人でごった返す予定なのですが、前回のように人があふれないようにするために花壇の端に乗ることが不可能になってしまったため、参加人数次第では前回以上に人口密度が高くなってしまい、今回の工事の影響で転倒などの事故が起きる可能性も少しばかり高くなってしまったかもしれません。また、大きなバリケードの影響でステージ上で展開している広告などが目立たなくなってしまったため、このあたりの広告効果にも、わずかながら影響が出てしまうかもしれません。

広告