参議院選挙での新宿区の投票率 全時間帯で「前回超え」

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区内での感染者数の推移

参議院選挙参議院選挙の投票が締め切られ、テレビ番組などで続々と当選を確実にした候補者らの姿が次々に映し出されている中、新宿区の公式サイトで投票率の情報が配信されています。

全国を通した投票率は、現時点では前回を上回ったり下回ったりと、未だに「どちら側」なのかわからない状態が続いているものの、新宿区では投票に行く人が少ない早朝から、前回をわずかに上回る投票率で推移し、1時間毎にその差が開いていきました。20時発表の情報では、東京都選出候補を選ぶ投票が前回比で2.16%上昇した41.35%、比例代表は2.17%多い41.35%となっており、期日前投票を行なった人を合算すると、どちらも3.27%上昇した56.09%を記録しています。

当日の投票率だけ見ると、西新宿と北新宿では東京母子愛育会保育園の44.59%が最も高い投票率を記録し、そこから近い投票所でもある大智学園高等学校が最も低い投票率となる31.90%を記録しています。西新宿では工学院大学のみ32%でしたが、それ以外は約37%となっています。また、今回も新宿区役所で投票を行った人の割合が区全体を通して最も低く、「ブービー」の大久保小学校より10%以上低い19.09%でした。

・東京母子愛育会保育園…44.59%
・淀橋第四小学校…40.04%
・大智学園高等学校…31.90%
・柏木地域センター…40.26%
・西新宿中学校…37.63%
・工学院大学新宿校舎…32.74%
・芸能花伝舎…37.42%
・角筈特別出張所…36.20%
・新宿区役所第一分庁舎…19.09%

投票率結果

広告