ドラッグセイムス 西新宿6丁目店がオープン

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
緊急事態宣言後の営業情報
新宿区内での感染者数の推移

先月の下旬あたりから内装工事が始まり、ダイヤ免税店の面影がすっかりなくなったテナントに、本日新しくドラッグセイムスがオープンしました。

リニューアルが行われたこともあってか、フロアは明るく、そしてきれいになっており、多くの人が買い物に訪れていました。広さはおそらく周辺の薬局店の中では1位ではないかと思われます。レジの数は4つで、開店したばかりということもあって、それぞれのレジに店員が2人ずつついていました。ちなみに、店員さんの数も今日だけで20人前後おり、開店したばかりということを差し引いても、他の店舗より多いような気がしました。

このすぐ近くにぱぱすがあり、そのほかにも周辺には薬局が数店舗あるのですが、西新宿6丁目の南部は高層マンションなどがあるために住民が増えていることと、マルエツプチでは病気対策の商品があまり豊富でないことなどをふまえると、「マルエツプチで買い物を終えた後にぱぱすで他の商品を買う」というお客さんを、そのままセイムスに誘導することもできるかもしれません。西新宿1丁目に続いて西新宿4丁目・5丁目、そして6丁目周辺でも、薬局店同士のお客さん争奪戦が始まるのかもしれません。

広告