高島屋で「七夕フェア」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

新宿パークタワーでは6月30日から短冊が飾られるなどして、七夕が近づいていることを印象付けていますが、高島屋ではそんな七夕にゆかりのある仙台を応援する意味で「七夕フェア」というイベントが7月7日まで行われています(一部例外あり)。

七夕が終わるまでの期間には様々なイベントが予定されており、現在行われているものとして入口には短冊が、そして内部では仙台の七夕まつりでおなじみの笹飾りが展示されています。明日の7月4日からは東京デザイン専門学校が協力(?)して行われる応援ポスター20点の展示と、過去の仙台七夕まつりで使われた歴代ポスターを展示するイベントがあります。また、歴代ポスターは紀伊国屋書店の3Fで販売されているとのことです。

7月6日の午後2時からは「せんだい・杜の都親善大使」に任命されている小野寺みなみさんという方が高島屋で同祭りの魅力などを案内してくださるほか、伊達正宗などを演じる役者の人たちによる「演武」が予定されています。

他にも、地下1Fの催会場では「宮城の味特集」と題して1日2kg限定の国産牛たん、七夕限定パッケージの「萩の月」などが販売されることになっており、13F、14Fのレストランでは「復興応援特別メニュー」として「七夕セット」などと題されたメニュー、そして同じく被災地になっている岩手県の鶏肉を使った料理、1つで2つの味が楽しめるスイーツなどが提供されております。


現在の高島屋の入口部分です。笹には既にたくさんの願い事がつるされていました。

・~仙台七夕まつりを応援します~ タカシマヤタイムズスクエア 七夕フェア

広告