「居酒屋こなつ」新宿西口店の店長を児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕(時事通信社より)

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

新宿という立地上、サラリーマンの憩いの場である居酒屋は非常にたくさんあるのですが、その中でもひと際異彩を放っていた「セクシー居酒屋 こなつ」の店長である斎藤誠一容疑者が、児童ポルノ禁止法を違反した疑いで逮捕されました。

新宿大ガードの南側、思い出横丁から見て最北端の建物で、やたら露出度の高い従業員の写真を使った看板を掲載して宣伝を行っていたこの居酒屋では、看板通りの露出度が高い警察官などのコスプレをして接客をしているのをウリにしていました。仕組みとしてはフーターズなどに近いお店なのではないかと思われます。

斎藤誠一容疑者には、16歳の少女にタトゥーの確認などを理由にして上半身裸の写真を送信させて、パソコンに保存した容疑がかけられています。また、その後も「時給が上がる」「本社の指示」などと言って写真を繰り返し要求していたそうです。

新宿に2店舗ある居酒屋こなつは、両店ともにブログ、ツイッターを行っているのですが、両店のブログは削除されており、(元々更新ツイートのペースが低かった)ツイッターも更新がストップしております。ただ、キャッシュからたどってみた所、ブログは毎日更新していたようで、わりとマメに従業員の方がお店の宣伝に努めているようでした。このエントリーを投稿する直前まで新宿東口店のブログは残っていたのですが、こちらも先ほど(20時55分頃)削除されたようです。

追記:6月24日
こなつのホームページも閉鎖されたようです。
・レンタルサーバーなら お名前.comレンタルサーバー
・16歳少女に裸画像送らせる=「セクシー居酒屋」店長逮捕-警視庁

広告