京王百貨店で「沖縄展」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

現在、京王百貨店では沖縄県の商品にスポットライトを当てたフェア「沖縄展」を15日まで開催しております。

入口に入ると、まず黒糖アラガサーやサーターアンダギーなど、沖縄ならではの食品が並べられ、フロアの一部を来おば強い香りで満たしておりました。また、今回初出店となるもずくとキムチを合わせた「もずキム」という商品やカジキがオレンジ色に染まったお寿司の「大東寿司」など、変わった食べ物が多い一方で、パイナップルを使ったソフトクリームやワインケーキ、パンまで紫色になっている紅いも生どら焼きなど、スイーツ類も充実しておりました。

工芸品では筆やグラス、珊瑚リングやネックレスなど、手軽に使える商品に交じって、一点だけ出品された三味線(50万円)が、小田急百貨店の50周年記念として売り出されていました。また、期間中はフロアの奥で抽選も行われており、5250円以上の買い物を行った方に「沖縄の特産品」が当たるそうです。

・京王百貨店 新宿店5/12号

広告