小田急百貨店で「福岡・長崎の物産展」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

小田急百貨店では、福岡県と長崎県の名産品などを集めた物産展を行っております。今回は食品と工芸品等がやや半分になるような形になっております。

エスカレーターから上がると、老李の長崎水餃子とうま馬のひとくち餃子の香りが一帯を満たしており、空腹になってしまうような空気になっております。また、エレベーターから上がると「チロリアン」で有名な千鳥屋のお菓子が販売されておりました。そして会場の最南部では柳川市のひな祭り「さげもん」の様子を再現した会場が作られております。ちなみに、場の西部では博多人形なども販売されております。

会場中央でも角煮やカレーパンに入れられているカレーのサンプルなど、食欲が出る様々な商品が並べられておりました。また、全国水産加工たべもの展で大阪府知事賞などに輝いた博多なんこつ天も出品されており、作りたての商品などがスペースに並べられておりました。工芸品では黒なまこの石鹸やびーどろの他、茶輪子というお店では木を加工して作られたおもちゃや、お弁当でご飯を動物の顔などにするための「小道具」も販売されていました。


ちなみに、パンフレットにはちょっとした記入ミスがありました。

広告