KDDIに脅迫電話をかけた農業手伝いの男性を逮捕(毎日新聞より)

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

KDDIの本店として営業を行っているKDDIビルのカスタマーサポートセンターに脅迫電話をかけたとして、北海道に住む農業手伝いの阿部毅史容疑者が逮捕されました。

阿部容疑者は度々KDDIへ電話を行っており、電話の最中にダイナマイトや危険物を送りつけると言った旨の発言を行っており、これが威力業務妨害の容疑になったようです。現在KDDIの本社は飯田橋にありますが、旧KDD時代から営業を続けているKDDIビルにあるカスタマーセンターに向けて行われた脅迫電話ということで、この事件については新宿署が動いていたようです。

また、電話の履歴を解析した所、5年も前からKDDIへの電話を行っていたことが判明しており、自宅と携帯電話から、合わせて1500回以上もの電話を行っていたとされています。期間が5年間とはいえ、1回につき5分だとしても合計で125時間、約5日分の時間をKDDIへの「電話」に使っていたことになります。さすがに全てが脅迫というわけではなさそうですが、回数が回数だけに起訴された場合の処罰はそれなりの大きさになるのかもしれません。

・威力業務妨害:KDDIに脅迫電話 無職の男逮捕…警視庁
・「ダイナマイト送る、箱開けたらドカン」 KDDIに脅迫電話、農業手伝いの男逮捕

広告