新宿駅東口で行われていた通路の工事が終了

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

新宿駅東口新宿駅東口から西口方面へと抜ける通路で行われていた工事が、この度ようやく終了いたしました。

(当たり前ですが)工事が終了したことにより、東側全体の通路が非常に広くなり、中央部分にしかなかった休憩所(?)が新しく駅のすぐそばにも設置されました。かつては一帯を大きなバリケードで囲んでいたこともあり、自転車で通ろうとしている人どころか、歩行者ですら駅や新宿3丁目方面へ抜けるのが困難な状態にあったのですが、今回の工事によって横に数人並んでいても余裕を持って通行できる歩道が完成しました。

今までは急な坂が設置されていたのですが、南側からは階段、北側からは緩やかなスロープが取り付けられており、工事が行われていた中央部分には「旧青梅街道」と書かれた和風テイストの看板も取り付けられていました。構造上の問題なのか、抜け道自体は拡張されておりませんが、特に人で混乱している様子もなく、東口の人の波を解消する目的としては、非常に成果を上げたのではないかと思います。

しかしながら、新宿ステーションスクエアは相変わらず大勢の人で埋め尽くされており、信号待ちをしている人だけでもラッシュアワーさながらの混雑は今までどおりの状態でした。この一帯の人の波を解消するには、西口と同じく二階建て構造にでもしないと、少々難しいのかもしれません。

新宿駅東口から思い出横丁までの地下通路を工事中
新宿駅東口の地下通路が完成(?)
新宿東口の通路工事が本格化

広告