新宿駅西口一帯の駐輪場 月極と時間毎での稼働を「ほぼ予定通り」開始

新宿区の感染者数について(外部サイト)

新宿駅 駐輪場新宿駅西口の再開発計画が本格化していく中、小田急百貨店の大規模移転前から整備を進めていた駐輪場の再整備計画がほぼ終了し、今月から稼働を始めています。

今回から大半のスペースで月極形式の駐輪場が廃止され、基本的には2時間の無料時間を経た後に有料での駐輪に切り替わるという、他の場所でも行われているスタイルになっています。駐輪場の再編時は「無法駐輪」が続出していましたが、今回新たに整備されたことで、いずれの自転車もきちんと車輪にロックをかけるなどして、正しい使い方をされていました。料金については6時間で110円となっているため、ちょっとした買い物であれば実質無料の駐輪場という形になります。

また、月約1000円での契約となる月極の駐輪場はSUBARUビル跡地に作られ、数十台が契約できるようになっています。従来の規則通り、自転車に契約を行っている事を示すシールなどを貼る必要がありますが、本日確認した所9台中5台が無断駐輪と思われる状態になっていました。なお、小田急百貨店の東南エリアにある駐輪場については、電気系統の工事が遅れたことで、完成予定時期が未定になっています。

自転車・バイクを停める駐輪場を探せる!契約できる! – ECOPOOL

広告