舞台映像を公開している「新国デジタルシアター」年末年始に特別配信を実施へ

新宿区の感染者数について(外部サイト)

新国立劇場国などの支援を受ける形で近年は多くのアーティストがコンサートなどの配信を行うケースが目立っていますが新国立劇場でも講演の内容を丸ごとネットで配信するという試みが今月から本格的にスタートしており、順次コンテンツが増えて行く予定になっています。

現在はある種のベータ版として稼働を行っておりますが、新国立劇場での稽古で指導を受けたオペラ研修所の舞台や、10月から公開されている今シーズン版のカルメンなどを無料で視聴出来ます。また、 1775年に作られたというオペラのセビリアの理髪師、新国立劇場のために作られたという演劇である消えていくなら朝の2作品が、12月24日から1月14日までの特別配信企画として配信されることが決定しています。

緊急事態宣言中には、他のエンタメ施設と同じように当初予定していた公演が相次いで中止されるなど、思うような運営が出来なかった新国立劇場ですが、日本レコード大賞や年末ジャンボ宝くじの発表といったイベントごとだけでに留まらず、新たな角度から各種公演を楽しめるような取り組みにも挑まれているようです。

新国デジタルシアター | 新国立劇場
【新国立劇場】「新国デジタルシアター」開設のお知らせ|文化庁のプレスリリース

広告