ゴーゴーカレー西新宿店 6月25日で閉店

新宿区の感染者数について(外部サイト)

ゴーゴーカレー西新宿店新宿総本店が閉店してから8カ月が経過し、営業を行っていたテナントでやや大規模な改装作業が進められているゴーゴーカレーですが、新宿総本店と同じく長年営業を行っているお店の1つだった西新宿店が、昨日で閉店しました。

青梅街道の通勤や通学ルートの途中という、非常に人通りの多い場所で独自のカレーを提供し続け、盛況時はランチタイムの時間帯に行列ができることも珍しくなかった同店ですが、最近は夕飯時であってもお客さんの姿が無いケースがあり、Uber Eatsの配達員の方が商品を受け取ってそそくさとお店を後にする、といった光景もしばしば見かけました。Twitterの更新はあまり行われなかったものの、看板や貼り紙などで道行く人々への「アピール」を大々的に行っており、閉店から1日が経過した本日も「新宿名物」のプレートが掲げられたままになるなどしていました。

今回の閉店により、新宿駅が最寄りとなる店舗は新宿東口駅前スタジアムのみとなり、新宿駅の西側に3店舗あった区内の店舗は0店舗になりました。また、「○○店」という形の表記のお店も区内では高田馬場駅前店だけになり、最も店舗展開が行われている市区町村も、秋葉原や御茶ノ水などがある千代田区に代わっています。


金沢カレーブームの火付け役!ゴーゴーカレー

広告