東京消防庁 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの従業員に感謝状を贈呈

小田急ホテルセンチュリーサザンタワー小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの施設内で、心肺停止状態に陥ったお客さんがいたそうで、その際に救命活動を行ったフロントのスタッフの方に対し、東京消防庁が感謝状を贈呈しました。

昨年の11月、同ホテルではチェックインしようと思っていたお客さんが突然意識を失い、心肺停止状態になりました。感謝状を贈られたお2人のスタッフは、その際にビルの防災センター職員とともに電気ショックや胸骨圧迫と言った様々な救命活動を実施したとのことです。それらの活動もあってかお客さんは一命を取り留めたそうで、今回の表彰という形に繋がりました。

表彰状は消防総監名義で送られていて、東京消防庁から贈呈される賞の中で、最も栄誉あるものとなっています。ホテルのプレスリリースでは、地震や火災を想定した社内訓練、救命救急講習会の実施を行っているとも報告していて、今回の出来事は救命救急などへの意識が向上するきっかけにもなったとのことです。


小田急ホテルセンチュリーサザンタワー
緊急事態発生時のフロントスタッフによる冷静な判断、
勇気のある行動とスタッフ間での連携が功を奏す
東京消防庁から「消防総監感謝状」を受贈
– PDF

広告