タカノフルーツバーの営業 3月31日で終了

タカノフルーツバー新宿駅周辺の代表的なスイーツ店でもあり、地域のお祭り行事などでも積極的に協力をされているタカノフルーツパーラーですが、本店で営業している店舗のうち、5階にある「タカノフルーツバー」が、3月31日に閉店することになったようです。

同店はバーという名前ではありますが、いわゆるバイキング形式でケーキやアイスなどのスイーツ類、またはピザなどの軽食が提供される店舗となっており、1人あたり2500円台で楽しめるお店でした。タカノフルーツバーでは、比較的高価な商品が目立つケースが多いのですが、同業であるスイーツパラダイスなどと比較しても、肩を並べるぐらいの価格帯で各種スイーツを味わえます。また、一部料理などは時期によって提供される内容が若干変わる「枠」も用意されていて、例えば2月16日からはゆうべに苺をソースとして使用したオムレツ、22日からはサーモンとオニオンのソースを使ったオムレツが提供されるなどの予定になっています。

閉店自体は少なくとも昨日までの間に明らかになっており、同日にはTwitterの一部ユーザーのトレンドにタカノフルーツバーが表示されるなど、一定の注目を浴びていたようです。本日には毎日新聞による取材も行われ、フルーツパーラー自体の面積が増えることも明らかになっています。なお、本日午後までの間に公式サイトが更新されていて、「予約なしでも案内可能」という文言が消され、大変混雑が予想されるという説明文に代わっていました。


新宿本店 フルーツバー | タカノフルーツパーラー&フルーツバー
タカノフルーツパーラー「閉店」ではなく「拡張」 ビュッフェ終了の理由は – 毎日新聞

広告