自動運転機能を搭載したタクシーの新たな実証実験 12月に実施予定

新宿区内での感染者数の推移

京王プラザホテル先日、5G通信を活用する形でのタクシーの自動運転に関する実験が行われた西新宿2丁目ですが、前回の実証実験の発展形となる企画が、12月8日から12月23日にわたって行われるようです。

今回の実験では、複数台のJPN TAXIを同時に行動で走らせたり、新宿中央公園と都庁前、京王プラザホテルの3カ所からそれぞれ目的地に向かう際、最適なルートをきちんと割り出せるかなどを調査することになっています。前回の実験時には5Gをほぼメインで利用した通信方法でしたが、今回の実験では5GとLTEの混合パターンでの実験が実施されることになっています。

一部期間に関しては関係者のみの参加となりますが、この実験に参加されたい一般の方を前回と同様に募集しており、23日まで参加希望の受付が行われています。なお、アンケートに関しては謝礼や報酬などが出されるケースが多いですが、今回の実験においても謝礼などは用意されていません。ただし、条件さえ整えば何度でも無料で自動運転のタクシーに乗車できるという、貴重な体験を得ることができます。

東京都『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』にて5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験に参加 | アイサンテクノロジー株式会社
自動運転タクシー実証実験

広告