東京オペラシティ「南側のロビー」の工事が来月終了

新宿区内での感染者数の推移

東京オペラシティ9月になってから、東京オペラシティの2階にある一部エリアでは、一部の通路を閉鎖する形で工事を行っておりますが、計画通りであれば来月で一連の作業が終了する予定になっています。

現在実施されている2階の工事は、南側のロビーにある天井の張り替えをメインの業務としてしています。普段は白を基調とした開放的な空間ではありますが、工事時はほぼ全エリアが入れないようになっていて、ほぼ全域がバリケードで覆われるなどしていました。もちろん、上層階のオフィスエリアへの道がふさがれているわけではなく、くまざわ書店などがある北側のロビーからであれば、通常通りエレベーターを利用できます。

工事の完了時期については12月上旬とあるため、明確に終了日が決まっているわけではないようですが、少なくとも今年中には以前と同じように入退館が出来るようになる予定です。なお、この工事に関連して、ロビーと直結していた回転ドア式の出入り口も封鎖されていました。

広告