新宿パークタワーの地下に短冊が登場

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

新宿パークタワーこの時期になると打ち水作戦などの省エネやエコにちなんだイベントが賑わってきますが、新宿パークタワーでは毎年恒例となっている七夕のイベントが行われます。

短冊も登場 新宿パークタワーで「東北のカタチ・夏のカタチ」を開催中

かつては1Fの北部にある広いスペース(?)に2つの大きな笹が設置され、近隣にある西新宿幼稚園(現在改築工事中)と西新宿小学校の児童らから送られてきた「お願い」なども一緒につるされていたのですが、今年は地下1Fの3箇所にこじんまりとしたスペースが設けられており、そこにポスカと短冊、小さな笹が設置されています。

昨日から始まったイベントですが、写真にもあるとおり既に沢山の人が願い事を書いており、規模こそ小さくなってしまった物の、今でも七夕と言う日本古来の文化が衰えていない事を感じさせます。

このイベントの終了後には、こちらも毎年恒例となっている熊野神社での「お焚き上げ」が行われるそうです。


広告

広告

地域別新着記事