都営バスの新宿駅東口 上屋を設置するための工事が進行中


新宿駅東口新宿通りの中でも特に人通りが多い新宿アルタ前ですが、長らくここに設置されている停留所が「仮の姿」になり、12月中旬まで工事を行っています。

「品97」や「早77」が1時間に数本単位で定期的に停車する停留所の新宿駅東口は、元々バス1台分程度が止まれるスペースが歩道側に作られているだけで、非常にベーシックでシンプルなタイプの停留所でした。現在は工事によって複数カ所に立ち入り禁止の柵などが設けられており、その囲いの中には工事で使用すると思われる資材が置かれていました。

今回の工事によって、同バス停には上屋が取り付けられることになっております。車道を含めたこの一帯は、南側が開けた広場になっていることもあって、強い日差しが降り注ぐ日などはダイレクトにダメージを受けてしまいがちです。が、今回の工事が予定通り終了すれば、従来よりも少しだけ快適な形でバスを待てるようになるかもしれません。なお、工事の終了日は12月14日を予定しており、22時から6時までの間に各作業を行っていくようです。

新宿駅東口品97[都営バス] [品川駅高輪口方面] 時刻表 – NAVITIME

広告