都庁前駅で線路に降りた人物 西新宿五丁目駅の改札を抜けて逃走(朝日新聞より)


都庁前駅昨日の11時25分頃に大江戸線に乗っていた乗客の一人が都庁前駅を通る線路に降り、西新宿五丁目駅に向かった後改札を通過していくという事件が起きました

線路に降りた乗客は男性とみられており、スーツ姿でかばんを持っていたとのことです。また、この事件の発生時、「痴漢が発生した」という通報が新宿警察署に寄せられたそうですが、今のところ線路に下りていた乗客との関係は明かされていません。駅員の方は該当の人物を捕まえるため、都庁前駅と西新宿五丁目駅の双方から挟み撃ちにして捕まえる作戦を立てたそうですが、その「包囲網」をかいくぐって西新宿五丁目駅から逃げていったとのことです。

記事中でも東京都交通局の方が驚いていらっしゃいましたが、大江戸線のホームドアはどんな人であっても、よっぽどの跳躍力がない限り軽々と飛び越えることはできない高さで、意図的に線路に降り立つ事は困難な作りになっています。なお、都庁前駅から西新宿五丁目駅までは、新宿中央公園を経由しても約1kmかかります。

大江戸線で乗客が線路に降りて逃走 警察に痴漢の通報:朝日新聞デジタル

広告