横山幸雄さんの「ショパンの全作品を弾く演奏会」5月3日から5日に開催


横山幸雄ショパンの演奏でギネス記録を達成した横山幸雄さんによるピアノの演奏会が、今年も東京オペラシティコンサートホールにて開かれることになり、現在チケットの販売が行われています。

今回行われる「入魂のショパン」は3日間に分けられて行われ、ショパンが一生のうちに世に送り出してきたという240曲を演奏します。横山さんが行うショパン公演の10回目ということで、今回は節目のイベントとして開催されますが、ご自身は公式サイトで「恐らく二度とやることのないイベント」とも述べています。演奏者には横山さんのほか、ヴァイオリニストの矢部達哉さん、チェロ奏者の向山佳絵子さん、室内オーケストラの「トリトン晴れた海のオーケストラ」、横山さんと同じくピアノを担当する黒木雪音さん、そしてショパンと同じポーランド出身のソプラノ歌手であるアレクサンドラ・クバス=クリュクさんが公演に参加します。

チケットは各部ごとのチケット、1日通し券、そして3日通し券が販売されており、いずれのチケットも現段階では購入可能となっています。2日目と3日目は時間が一部区切られていますが、1日目となる5月3日は14時30分から17時30分ごろ、2日目の5月4日は13時から21時40分ごろ、3日目は9時から21時40分ごろまで演奏が行われる予定です。

横山幸雄“入魂のショパン” |公演情報|音楽事務所 ジャパン・アーツ

広告