「コクーンタワー内にある学校や団体」の看板 建物の南西部に新設


東京モード学園今年の4月より「国際ファッション専門職大学」が誕生するコクーンタワーの植え込み部分に、3mほどある棒状の看板が新たに設置され、建物内にある大学をより分かりやすく説明しています。

工学院大学の向かい側にあたるこの場所は、他のエリアと同じくちょっとした植物が植えられているだけのスペースでしたが、先月頃からそれらの「撤去」が行われていました。目の前には区が設置した一帯を案内する看板があり、その両脇に看板が設置されています。前述の国際ファッション専門職大学のほか、東京モード学園、首都医校、HAL東京、東京通信大学の5校、それらを運営する日本教育財団と、校舎名でもあるモード学園コクーンタワーと書かれた看板が確認できました。

カラーコーンが置かれていることもあり、設置工事の完了自体はもう少しあとになる可能性がありますが、これまで以上にコクーンタワー内にある施設が分かりやすくなります。なお、2020年より学校が始まる予定の東京国際工科専門職大学と東京医療福祉専門職大学は、どちらも現段階では看板が設置されていませんでした。

学校法人日本教育財団|専門学校から大学まで、即戦力を育成する教育機関。

広告