「死体役の実演イベント企画」新宿ピカデリーのエントランスで実施予定


新宿ピカデリー館内で上映している映画に関連し、様々なディスプレイが展開されている新宿ピカデリーの1階エントランスにて「死体役の実演」というイベントが19日に行われます。

このイベントは「十二人の死にたい子どもたち」が公開されることに関連したイベントで、実際に劇中で死体役として登場するとまんさんが、映画館内でも死体を演じるとのことです。イベント開催日には劇場オープンとともに整理券の配布が始まり、整理券を受け取った人だけがとまんさんの「演技」を見られます。

映画の公開自体は翌週の25日からスタート予定で、堤幸彦監督のもと、橋本環奈さんや新田真剣佑さんらが自殺願望のある高校生を演じ、とまんさん演じる死体の謎を解明していくというストーリーになっています。新宿の映画館は新宿ピカデリーの他、新宿バルト9とTOHOシネマズ新宿でも上映されるとのことですが、新宿ピカデリーのみ日本語字幕版の上映も行われる予定です。

[amazonjs asin=”4167911507″ locale=”JP” title=”十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)”]
映画『十二人の死にたい子どもたち』オフィシャルサイト
映画『十二人の死にたい子どもたち』最新情報 — 2019年、早くも最も衝撃的な企画!?公開を記念して十三人目の死体役“生”実演開催!

広告