セブンイレブン 小田急新宿西口地上改札内店がオープン


小田急新宿駅小田急マルシェの開業と共に、小田急の駅構内初となるセブンイレブンが誕生したばかりの小田急新宿駅ですが、今度は切符が必要なエリアに新しくセブンイレブンがオープンいたしました。

14日から営業しているのは小田急新宿西口地上改札内店で、文字通り小田急マルシェの上のフロアにあたる、新宿駅西口の入り口近くに店舗を構えています。お店のデザインは通常の店舗と若干違い、テナントの中央部分に店員の方がレジ打ちなどを行うスペースがあり、その周辺に様々な賞品が並んでいました。カーブ部分を含めて「一本道」のような形の通路になっていますが、通路は一方通行ではなく、よほどの混雑時でなければどちらからでも入店できる仕組みでした。

並んでいる商品のラインナップも若干変わっており、最も目立つエリアの1つにはキットカットと東京ばな奈のコラボ商品が数多く並べられていました。また時期的なものも影響しているのかもしれませんが、おにぎりは舞茸おこわと梅こんぶ、じゃこひじきの多さが目立っており、ツナマヨと紅鮭に次ぐ量が販売されていました。なお、店舗の都合上24時間営業は行っておらず、ATMやコーヒー無料Wi-Fi、たばこの販売も行われていないので、ご利用の際はご注意ください。

セブン-イレブン 小田急新宿西口地上改札内店 の募集詳細―セブンイレブンのアルバイト・パート・バイト情報 採用サイト

広告