スターバックス新宿三井ビル店などで「Uber Eartsによるデリバリーサービス」を開始


スターバックス新宿三井ビル店スターバックス新宿三井ビル店では、Uber Eatsを用いた商品のデリバリーサービスを、9日から始めました。これは8日に発表されたスターバックスとUber Eatsの提携によるもので、提携第一弾のサービスということになります。

この提携で選ばれたのは「新宿の2店舗と六本木の1店舗」ということですが、新宿三井ビルと新宿マインズタワーのスターバックスが配達可能な店舗ということで、事実上新宿区と港区、渋谷区の3区がUber Eatsのスターバックス配送サービスに対応したということになります。新宿三井ビル店ではすでにUberのトレードマークである黄緑色をベースカラーにしたステッカーやポップが店頭や入り口にあり、Uberと連携していることを慎ましやかにPRされていました。

配達に対応している商品はラテやカフェモカ、アイスコーヒー、ココアなどの基本的な商品がメインで、期間限定フラペチーノなどは対象外となっています。現在はトライアルという位置づけで配達を行っているとのことですが、今後はLINEとの提携なども含めて、より身近にスターバックスの商品が手元に届くような施策をすすめていくようです。

Uberとスターバックスコーヒージャパン、東京都内の3店舗でデリバリーサービストライアルを導入  :日本経済新聞
米スターバックス、ウーバーイーツと提携 東京でコーヒー配達 | ロイター
スタバがUber Eats導入、デリバリーや事前注文・決済を強化へ – Engadget 日本版

広告