さくらや WATCHの跡地にラオックスWATCHが誕生へ

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

ブランドショップがオープンしたり、ビックカメラの新店舗がオープンするなど、さくらやの看板が次々になくなっていっている新宿駅東口周辺ですが、今度はさくらやWATCHのあったビルにラオックスが新たに入居することがわかりました。

ラオックスは過去にも新宿駅東口に出店していた過去があり、実質規模を縮小した形での出戻りとなるのですが、周辺には旧さくらやとして展開していたビックカメラ、そして来月からオープンするヤマダ電機と、相変わらずライバルが点在しています。

中国の蘇寧電器の傘下になってからは国内で目立った動きがあまり見られなかったラオックスですが、国内での「初動」を計測する手段としても、お客さんのターゲット層となる人の多い新宿への出店は良い作戦なのかもしれません。

・ラオックス/新宿東口とお台場に新店舗 | 流通ニュース

広告