羽衣湯が「設備の老朽化」の問題で一時閉店へ


羽衣湯新宿区全体でみても数少なくなってきた銭湯ですが、ギリギリ渋谷区に位置していながら新宿区の人々も多く利用されている羽衣湯が、今月から一時的に閉店し、工事が行われることになりました。

臨時休業のお知らせによると、一時的な店じまいが行われるのは8月24日から9月11日までで、老朽化に伴う給水配管工事を行うためと説明されています。この休業は銭湯のみならず、隣接しているコインランドリーも対象となっているようで、こちらの出入り口でも同様の注意書きが貼り付けられていました。

羽衣湯に限った話ではありませんが、特に最近はシャワーの「当たり外れ」が目立っていて、時と場合によっては打たせ湯のような状態のシャワーで、体など洗ったりしなければいけない時もあったようです。今回の工事によってこれらの状況が改善するのかはわかりませんが、来月からは目に見えない部分を含め、一部分が生まれ変わった羽衣湯の姿を見ることができそうです。

広告