はなまるうどん新宿甲州街道店「臭い」の関係で断続的に営業中


はなまるうどんゴールデンウイーク終了まで、吉野家と共通で使える「定期券」で天ぷら一品をプレゼントするというキャンペーンを実施していたはなまるうどんですが、京王線新宿駅などが最寄りとなっている新宿甲州街道店が、先日から営業と休業、もしくは早めの閉店などを繰り返しています。

これまで貼り紙には明確に理由を書いておらず、厨房回りのトラブルといった意味の文言が並んでいたのですが、本日は少なくとも17時過ぎ頃から営業していました。実際に入店して食事をしてみたのですが、会計を終えてトレイを持ち、食事スペースへ向かうと、主に厨房回りの机などで生ごみの臭いが漂っており、中には座っている席を別の場所に移動する人の姿もありました。天かすなどを置いているスペース、天ぷら売り場などではこの臭いを感じ取ることができなかったため、ごく一部分で何かしらの問題が生じているようです。

食事を済ませてから店員さんに改めてお伺いすると、断続的な閉店については、厳密には臭いが原因のようで、これまで数回業者の方に工事を依頼しているとのことです。「お店の上の人々」ともこの件について連絡を取り合っていて、今日もお店のトラブルについて業者の方などと連絡を取るようでした。お店を出ようとすると、すでに出入り口部分には人が入らないよう宣伝用のボードが設置され、これまでの閉店時と同様に営業休止の理由が記載された紙が貼り付けられていました。

はなまるうどん 新宿甲州街道店| 店舗のご案内 | はなまるうどん

広告