女性向け店舗が数多く営業する新宿マルイ本館 Apple 新宿が本日オープン


Apple 新宿現在の建物になってから初の大規模な外観工事が行われた新宿マルイ本館に、本日からAppleの直営店舗であるApple 新宿がオープンしました。

営業開始前からIT系のニュースサイトの記者さんなどが周辺を行き来したりしていましたが、中にはYouTuberと思しき方が行列に並んでいたり、どこかのオフィスの会議室とのテレビ電話で中継らしきものを結んでいる人がいたりと、技術の進歩などに伴ってか、従来の家電量販店のオープン時とは少し違った姿を見せていました。オープン直前もカメラやスマホを手にして撮影している人の姿が多くいらっしゃいました。

CNET Japanさんの記事では約1000人の行列が形成されているとありましたが、こちらの計測では地上にいる方から階段まででおよそ150人、マルイ本館の地下を往復する形でおよそ180人、高島屋方面へと続く行列で「1列3人」の列を300から350程度確認したので、もしかしたらオープン前には1500人に近い勢いまで行列が伸びていたかもしれません。なお、計測した時間はCNETの記者さんと同じく9時30分ごろでした。

オープンの15分前には店員さんがマルイの出入り口から登場し、ハイタッチ会を開催していました。ただ、ハイタッチを行ったのは基本的にお客さんが並んでいる歩道側だけで、車道側にいるカメラマンさんやオープンの様子を見に来た方などにはハイタッチを行っていませんでした。ただ、小学生になりたてぐらいのお子さんには、自ら駆け寄ってハイタッチを行う店員もいらっしゃいました。店員さんの男女比の差はさほど感じませんでしたが、並んでいるお客さんの男女比は8:2ぐらいになっていて、女性向けの洋服などを多数取り扱っているマルイおは思えないような行列にもなっていました。

オープンにあたって著名な方が訪れるなどのイベントは行われなかったものの、館内ではGarageBandを使って作られた音楽が常に鳴り響いており、店員の方がリズムに合わせて手拍子を打ったりしていました。そして、オープン後も来場したお客さんとハイタッチをするなど、常にテンションの高いオープニングとなりました。

広さはビックロにあるApple Storeや伊勢丹のApple商品販売エリアを足しても上回っているため、iCrackedなどのようなお店の機能をも吸収してしまいそうな勢いを感じられました。単に新商品の販売という点で言えば家電量販店でも十分ですが、総合的なサポートなどを希望するのであれば、Apple新宿はユーザーにとって「強力なお店」になるかもしれません。

Apple 新宿Apple 新宿Apple 新宿Apple 新宿

新宿 – Apple Store – Apple(日本)
Apple 新宿がオープン! 国内初のコミュニティ型店舗【初日朝の店内からレポート】 | ギズモード・ジャパン
約1000人の行列も–アップル、新宿マルイ本館に「Apple 新宿」オープン – CNET Japan

広告