京王百貨店の「春の大北海道展」13日まで開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

春の大北海道展京王百貨店では、昨日から2週連続で北海道に関する物産展の「春の大北海道展」が開催されています。

フロア一帯が全て北海道に関するものになっている今回は、おみやげの定番でもある白いブラックサンダーや北海道限定のばかうけなどといったスナック菓子から、加工までに数週間を要する熟成肉まで、様々な料理が所狭しと並んでいます。チラシにはラーメン響の特製チャーシュー麺などが販売されていましたが、夕方頃にはいずれも完売しており、デフォルトのメニュー(?)のみが販売されていました。

イートインコーナーには各店舗のお弁当などを購入したお客さんがそれぞれ楽しんでおり、海鮮丼を食べているお客さんの向かいでソフトクリームを食べているスーツ姿の男性がいたり、数人のグループと思われる人達でおつまみとビールを楽しんでいたりと、普段とは違う雰囲気のイートインコーナーになっていました。フェアの初日にはグロテスクな見た目などが度々マスメディアなどで取り上げられていたメロン熊と触れ合う企画もありましたが、現在は羽田空港から新千歳空港までのAIRDOの航空券や北海道の特産品が当たる抽選会が開催されています。

冒頭に書いたとおり、春の大北海道展は2週間後の4月13日まで行なわれていて、一部のお店は4月6日で「2週目のお店」と入れ替わりが行なわれる予定です。

・春の大北海道展|京王百貨店 新宿店

広告