終電を擬人化した「終電ちゃん」パネルを使ったプレゼントキャンペーンを実施中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

終電ちゃん家電量販店から大江戸線の駅まで、新宿に関するものだけでも擬人化されている商業施設などが複数ありますが、終電を擬人化したという漫画の発売を記念したキャンペーンが新宿駅の敷地内で行なわれています。

この漫画は終電ちゃんという作品で、終電という存在を1mにも満たないような少女の容姿をしたキャラクターに置き換えたものとなっています。電車そのものが人になって人を運ぶのではなく、終電ちゃんは車掌の役割を担っており、酔っ払ったお客さんに対して乗車するよう促すなどといった駅員としての業務も果たしているようです。なお、講談社が開設している試し読みのサイトでは、ちばてつや賞という新人賞で表彰された作品が読めるようになっています。

現在実施されているキャンペーンは、モーニングの公式Twitterをフォロー後、受賞作には登場しなかった小田急線の終電を擬人化したキャラクターのパネルを撮影した写真をTwitterに投稿するというものです。応募に際しては「#リアル終電ちゃん」というハッシュタグが必要で、投稿回数に制限は無いとのことです。パネルが置かれているのは小田急線よりもJRの西口改札に近いOdakyu Shop AZUR 新宿西口店の店外で、東側にある出入り口の隅に展示されていました。応募期間は4月23日の10時までで、抽選で10人に作者である藤本正二さんのサイン色紙が当たるそうです。


【本日3/23出発進行!】 終電擬人化漫画『終電ちゃん』①巻発売&新宿駅に「リアル終電ちゃん」現る!? 「小田急線の終電ちゃん」を撮影してサインを当てよう! – モーニング公式サイト – モアイ

広告