伊勢丹で「花々祭チャリティーキャンペーン」を開催

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区の感染者数について(外部サイト)

伊勢丹「ミツバチと、ミツバチが暮らす自然環境を守るために」と題されたチャリティーイベントが、伊勢丹で行われています。

このイベントは、玉川大学・学術研究所ミツバチ科学研究センターという所の中村純教授が監修を行っており、数が減少していると言われているミツバチを保護・保存するために行われている、とのことでした。

ミツバチがいなくなることによって当然私たちの食生活にも少なからず影響が出てくるようになり、さらに受粉の手伝い等を行っていた重要な働き手がいなくなってしまったことによって農作物にも甚大な被害が出ることが予想されています。これらの危機を回避するためのチャリティーイベント、そしてこの事実を伝えるためのイベントにもなっているそうです。

販売されているのはミツバチのキャラクターがくっついたストラップで、新宿店では現在発表されている店舗の中で最も多い15000個が販売される予定だそうです。ちなみに、このイベントはストラップがなくなり次第終了のイベントになっています。

・花々祭 チャリティキャンペーン : 新宿店 : 伊勢丹 店舗情報
蜂群崩壊症候群により世界からミツバチが消える日 – A Successful Failure

広告