富士そば新宿店「前日に看板が設置された工事」を終えてリニューアルオープン

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

富士そば先日まで新宿西口店で工事を行っていた富士そばですが、2月に入ってからは新宿3丁目の伊勢丹横で営業している新宿店でも改装工事を行っていました。同店は昨日になって工事が終了し、少し小奇麗になった看板などとともに新たに営業をスタートさせています。

リニューアルによって店内のレイアウトは大きく様変わりし、最近では減少傾向にある立ち食いのスペースが新設され、ラーメン屋さんが数多く採用している、お客さんが店員さんを囲うようにして座るテーブル(?)は撤去されました。座席はお客さんが外を向くレイアウトとなり、伊勢丹の従業員を始め、多くの人が行き交う新宿3丁目の風景を眺めながらそばをすすったり丼ものを食べる形になっています。

同店は2月23日から3月18日まで休業していたのですが、前日になっても工事が終わりそうな雰囲気は無く、作業員の方が様々な資材などの上で何かしらの作業を行っていました。17日には公式サイト上でもリニューアルオープンのことが書かれていたものの「時間未定」でオープンすると記載されており、18日に作業員の方へ聞いてみても「何時にオープンするかはわからない」というお返事をいただいていていました。これまで見てきた飲食店の改装工事は、およそ3日前にほぼ全ての工事が終了し、店員さんが研修作業を行っていることもあるのですが、同店ではオープンが発表された17日になっても看板が設置されていませんでした。

富士そば
18日の様子です。看板は設置されていましたが、看板の下には作りかけのショーケースや何かに使用される木材が置かれています。

富士そば
富士そば
16日の様子です。

お知らせ – 新宿店、リニューアルオープン!|名代 富士そば(ダイタングループ)

広告