ヒルトン東京で「桜をテーマにしたコース料理」を提供中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

ヒルトン東京新宿では三寒四温という言葉が当てにならなくなっている3月の気候ですが、ヒルトン東京では間もなく訪れる桜のシーズンにちなんだコース料理を、2階にある王朝で提供しています。

4月15日までの期間限定メニューとなるこの「花明りディナーコース」は、それぞれの料理が桜を絡めたものとなっており、例えば桜の香りがする豆乳ゼリーやサクラマスを具材として使用したスープ、桜の木を薪として使用し、専用のオーブンで焼き上げたという北京ダックなどを楽しむことが出来ます。サイトに掲載されている写真通りになるのかはわかりませんが、料理が出されるお皿は春らしい雰囲気が漂う盛り付け方になっていました。

この花明りディナーコースは17時30分から22時までのディナーコースとしてのみ提供されているそうで、サービス料などを除いて1人9000円となっています。ちなみに、コース料理とは別の注文という形ではありますが、桜点心という料理も楽しめるそうです。

・TSUNOHAZU | 花明りディナーコース

広告