「ちょうど1年の計画」だったワシントンホテル本館の改修工事 今月で終了

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

新宿ワシントンホテル昨年4月から1年間の計画で行われ続けていた新宿ワシントンホテルでの改修工事が今月末で終了することになり、工事の最終段階に入っています。

工事開始当初こそ、そこまで大きな改修の様子は見られませんでしたが、昨年末頃から1階と地下1階にある北側の出入り口に工事用のバリケードが作られています。館内のレイアウトは既に一部が変わっており、フロントの場所が移動したり、館内を移動するために設けられたカートのようなものが設置されるなどしています。昨年の10月にはエレベーターがルームキーと連動したものになるという、これまでの設備よりも若干近未来的なシステムも導入され、西新宿の高層ビルの中では「老舗」でありながら、どんどん新しい物を取り入れていました。

総仕上げなのかはわかりませんが、今月の29日から31日にかけてはレストランフロアを含めた本館の全スペースが休館となり、出入りができなくなるとのことです。この1年間は部屋の使用時に薄っすらと工事の騒音らしき物音が発生するなど、お客さんにも多少の影響があったそうですが、4月からは都会の完全に生まれ変わったワシントンホテルになります。

新宿ワシントンホテル
・【新宿ワシントンホテル本館 大規模改修工事についてのお知らせ】 | 【公式サイト】新宿ワシントンホテル 本館《ベストレート宣言》 | 新宿のホテルは新宿ワシントンホテル【公式サイト】-新宿駅南口より徒歩8分- | ワシントンホテル

広告