京王百貨店で「第51回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区内での感染者数の推移

京王百貨店新宿駅周辺における年始の最も大きな行事とも言える駅弁に関するフェアが、昨日より京王百貨店でスタートしました。

毎年鉄道に関する駅弁が販売されていますが、今年は北海道新幹線の開業にちなんだ駅弁が販売され、H5系はやぶさ弁当と名付けられた賞品が先行販売として提供されています。様々な大会で賞を獲得したものも各々出店されており、昨年の駅弁総選挙にて1位を獲得した鶏めしを始め、全国各地から様々なお弁当が集合しています。日本最北端の線路を展示している稚内駅からも、初登場のお弁当として「最北かにめし」という商品を販売していました。

今年は台湾鉄道から12年ぶりとなる出店が行なわれており、台鉄パイコー弁当と名付けられたお弁当が提供されています。1日あたり1000食限定での販売で、整理券が必要となるお弁当になっています。なお、お弁当の箱は使い捨てではなく、食べ終わった後に普通のお弁当箱として利用可能なものだそうなので、余すとこなく楽しめる(?)駅弁の1つでもあります。

「うまいもの」の部類ではソフトクリームを始めとしたスイーツ類が会場の北側に用意され、大福やスティック状のスナック菓子のようなものまで販売されています。中央の東側には551蓬莱が陣取っており、名だたる駅弁を押しのけて最も人気の行列が形成されていました。空いている時間だったせいか、初日こそテナントの周辺を囲う程度の行列しかありませんでしたが、今日は催物場の南にある階段の踊り場にまで行列ができており、店員さんいわく購入までに1時間ほどかかるとの説明もされていました。かなり混雑している一帯を抜けて最深部に行くと赤福の販売されている場所があり、こちらでは比較的のんびりとできるスペースも用意されています。

2週目となる14日からはクリームがつめ込まれたバウムクーヘンや動物をかたどったドーナツなどが販売される予定で、中には15日と16日限定での販売となる商品(杉山フルーツ)も提供される予定です。

・第51回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会(駅弁大会) | 京王百貨店 新宿店
京王百貨店BLOG

過去の駅弁大会

京王百貨店で「第49回 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」を開催中
京王百貨店が明日から第48回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会を開催
京王百貨店で「第47回 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」がスタート
京王百貨店で「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」がスタート – 2011年
明日から京王百貨店で「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」を開催 – 2010年

広告