京王百貨店が明日から第48回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会を開催

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

京王百貨店では10日から毎年恒例の「有名駅弁と全国美味いもの大会」が開催されます。また、これに先立って特設サイトを開設しており、様々な駅弁の紹介を行なっております。

今年は海産物の代表格とも言える食材のエビとカニを使用したそれぞれの駅弁の対決や、麺類を用いた駅弁の販売なども行われることになっています。また、フェアがスタートする10日からは公式サイト上に実演販売が行われている様子を収めた動画の公開など、新しく3つのコンテンツが登場する予定になっております。

今回も初登場のお弁当が多数販売されることになっており、カニと牛を同時に楽しめるお弁当(鳥取駅)や一食2000円する米沢牛の食べ比べができるお弁当(一ノ関駅)、子供に人気のあるワンピースやプリキュアなどのアニメを題材にしたキャラクター弁当や、ゆるキャラの代表的な存在になりつつあるくまモンがパッケージに描かれたお弁当、容器が新幹線になっているお弁当など、見るだけでも楽しめる駅弁が今年も豊富に取り揃えられているようです。

・第48回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会(駅弁大会) | 京王百貨店 新宿店
京王百貨店で「第47回 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」がスタート

広告