1~2年限定で営業「新宿イカヱ門」が22日にオープン

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区の感染者数について(外部サイト)

新宿イカヱ門昨年に閉店した新宿栄寿司 西口第2店の跡地に、活イカをメイン料理に据えた新宿イカヱ門というお店がオープンすることになり、看板が取り払われて殺風景になったビルに大きな告知が行なわれています。

告知には店名よりも大きく活イカと書かれ、他にも鮮魚、牡蠣バケツといった海鮮料理の類の名前が並べられています。活イカは九州の佐賀県の呼子から直送されたものを使うそうで、活カキは特Aランクと呼ばれるものを299円から楽しめると書かれていました。公式サイトなどを探してみたものの、運営元と思われるエンタープライズ株式会社のものもなく、詳細なメニューについては分からずじまいでした。

オープン日は1月22日とありますが、左上には「期間限定」という文字があり、これについては求人情報サイトにて1年から2年限定でのお店になるとの説明書きがありました。閉店期間が定められていながらも、営業期間については今のところ決まっていないという若干不思議な形での営業となりますが、しばらくの間は西新宿1丁目で海産物を楽しむための選択肢が増えることになりそうです。

広告