マルイアネックスで「ハイネケン誘拐の代償」の公開記念キャンペーンを実施中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

ハイネケン誘拐の代償新宿バルト9とマルイアネックスでは「ハイネケン誘拐の代償」という映画が13日に公開されたことを記念した抽選会イベントなどを実施しています。

抽選権を得るには、マルイアネックスで1000円以上の買い物を行ったことを証明するレシートと、新宿バルト9の映画鑑賞券を提示する必要がありますが、抽選を行うと同映画の鑑賞券、マスコミ用のプレスシート、マルイの商品券1000円分、ポスターなど、合計8種類の品物が当たります。また、同館の5階にあるエレベーターホールでは、映画の内容などを少しだけ見られる写真展が開催されているとのことです。

この映画は、1983年に起きたフレディ・ハイネケンさんの誘拐事件について描かれたもので、誘拐に成功し、人質の関係者を困らせるはずが、ハイネケンさんによって犯人グループ自身が追い詰められていく様子などをサスペンス風に映し出しています。ハイネケンさん役には「レクター博士」で知られるアンソニー・ホプキンスさんが抜擢されており、予告編の映像からだけでも独特の雰囲気が漂っています。

映画はキャンペーン終了後も上映予定ですが、公開記念キャンペーン自体は21日で終了いたします。

・映画「ハイネケン誘拐の代償」公開記念キャンペーン

広告