新宿駅のサザンテラス口 6日から一部通路が変更

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

新宿駅新宿駅新南口ビルの建設もいよいよ佳境に入り、長い再開発にも終わりが見えてきましたが、現在は簡易的な作りになっている新宿駅サザンテラス口の周辺にも、再びメスが入ります。

以前よりしばしばルートが変わっているサザンテラス口一帯ですが、今回のルート変更では、新南口からサザンテラスへ向かうルートが遠くなる形に変更され、サザンテラスに向かうためには甲州街道を1度視界に入れないといけなくなります。サザンテラス口よりも北側に出口が設置されることにより、駅構内の距離も実質延長となり、タイムズスクエア方面へ行く人以外は、新南口を使用するメリットがほぼ無くなりそうです。

今年の1月には、ほそぼそと営業していたユニクロなども一斉に姿を消しましたが、新南口の横で営業している訪日旅行センターとびゅうプラザは営業を続けていくものと見られます。既に初夏の雰囲気も立ち込めているため、こちらの通路を使用する際には、僅かな距離であっても熱中症対策が必要かもしれません。

新宿駅のサザンテラス口が南口のほぼ正面に場所を移動 – 2013年の様子
場所を移転した新宿駅新南口の様子を見てきました – 2010年の様子

広告