東京オペラシティでザハ・ハディドさんの個展が開催決定

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区の感染者数について(外部サイト)

東京オペラシティ東京オリンピックの開会式を始め、様々なイベントに使われることになった新国立競技場のデザインを手がけたザハ・ハディドさんの個展が、東京オペラシティアートギャラリーで開催されることに決定いたしました。

この個展では、ザハさんがこれまで手がけてきた様々な建築物の代表作品から、最近発表されたばかりの作品まで、数多くの作品が展示される予定になっており、新国立競技場のイメージしか無い方でも「アンビルドの女王」という異名をとってしまった理由や、実現不可能とまで言われていた建築デザインの奇抜なセンスの数々を、ご自身の目で確かめることができます。

個展が開催されるのは、今から半年以上先になる10月18日~12月23日という期間になっております。入場料なども現在のところは記載されておりませんが、開催の日が近づくにつれて、これらの情報や個展中に行われる各種イベントの情報なども、掲載されていくのかもしれません。

アートギャラリー 2014年度展覧会ラインナップ

広告