熊野神社前交差点でタクシーとバイクによる死亡事故が発生(テレビ朝日より)

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

熊野神社前交差点新宿駅では毎年恒例となっている熊野神社のお祭りの準備が行われているまっただ中ですが、その熊野神社の名前が付けられている交差点で、5人が死傷する事故が発生していました。

事故が起きたのは一昨日の朝8時ころで、オートバイと人を載せたタクシーが衝突したとのことです。この事故でオートバイを運転していた会社員の男性は死亡。タクシーの乗客ら4人が軽傷を負ったということです。また、この事故によって、タクシーを運転していた人は現行犯逮捕されています。

事故現場は藤圭子さんが飛び降り自殺を図ったマンションから約300mほど南に行ったところで、偶然にも人が亡くなり、報道機関がニュースとして取り上げる事故(事件)が1週間で2度も発生することになりました。事故現場は毎日深夜に清掃作業が行われていますが、現在もところどころにバイクかタクシーのフロント部分と思われる破片が散らばっています。また、今日になって「二輪車安全対策重点路線」と書かれた横断幕(?)が交番の反対側(西新宿5丁目)に掲示されていました。

・新宿の交差点でオートバイとタクシー衝突 5人死傷(08/28 08:02)

広告