ドスパラ新宿店が移転から約1年半で閉店

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

ドスパラ 新宿店パソコン好きの人たちなどの間では有名な関連ショップのドスパラが昨日閉店いたしました。この場所にはツルハドラッグの閉店から約半年後に新しい新宿店としてオープンした同店ですが、2周年を迎えることなく新宿から消えることになってしまいました。

お店の前には写真にある様な閉店を知らせるボードが掲示されており、お店へ来られたお客さんなどへの感謝のメッセージなどが掲載されていました。また、新宿から来る人にとっての新たな最寄り店となる秋葉原本店周辺の地図も描かれており、パソコン・パソコンパーツに関する問い合わせや注文についての案内についても紹介されていました。

店内ではNTTの光回線を宣伝するために作られたと思われるノートの様なものやボールペンなどが「ご自由にお取りください」という説明書き(?)がされたメモと共にダンボールの中に入れられていたり、ジャンク品だというパソコン用スピーカーやノートPC用の冷却ファンが、通常の半額以下の値段で販売されていたりと、まさに在庫処分と言えるような形で商品の投げ売りが行われていました。また、これまで店内では丁寧な説明用のパネルとともに、華やかな形で大小様々なパソコンが陳列されていましたが、最終日となるこの日はほとんどのパソコンが箱に入れられて販売されていました。

・ドスパラ新宿店|パソコン・PCパーツ周辺機器・携帯の購入・買取・修理
ドスパラ新宿店(@dospara_snj)

広告