本日オープンした新宿110ビルに行ってきました

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区内での感染者数の推移

110ビル本日、新宿駅西口から徒歩2~3分程度の所に新宿110ビルがオープンいたしました。オープニングイベントには佐々木希さんや洋服の青山代表取締役の宮前弘明副社長がテープカットを行うなどしていました。また、オープン後にはフジテレビをはじめとする民法などのカメラが店内・店外の様子を撮影していたり、佐々木希さんの招いて行われたトークショーが10分ほど開催されていました。

ハローキティオープン前の行列まそこまで長くなく、ビルの横に人が若干並ぶ程度だったのですが、テープカットが終わってから一気に人が動き出し、隣にある日本生命新宿西口ビルの周りを囲むような行列が形成されていました、行列に並んだ人にはデジタル時計と引き換えが出来るチケットが配布されていましたが、「品切れ」になってからはハローキティの爪切りが配られていました。

ブックオフ洋服の青山のオープンから1時間遅れで開店したブックオフでも、オープン記念のノベルティなどは無かったものの30分以上前から多くの人が行列を形成しており、洋服の青山オープン時と同じくらいの行列が作られ、店員さんや警備員さんらが対応に追われていました。また、店内に入ってみると店員さんが手渡してくださったかごの中に本を大量に積み込んでいるお客さんの姿などがあちこちで見かけられました。

110ビルビル内に入居を行っている飲食店は、一部店舗のみブックオフと同じ午前11時からオープンしており、お昼時ということもあって近隣で働いているサラリーマンの方などが店内から溢れるほどの行列を形成していました。ちなみに、今回オープンしたお店の中では7Fにある芋蔵が最も遅くまで営業しているお店となっており、他店はおおよそ12時前後に閉店しますが、こちらのお店のみ日曜・祝日を除いて午前4時まで営業を行う予定になっています。

洋服の青山西側のバスターミナルも機能を始め、早速お客さんの休憩所や待合室としての役割を務めていました。待合室は2Fにもありますが、(当然ですが)どちらのフロアも洋服の青山とは切り離されています。もちろん、こちらにも開業を祝うお花が複数飾られており、ほんの少しだけ華やかな待合室になっていました。

新宿駅を利用する人や新宿へ遊びに来ている人、深夜バスの利用者など、今後、新宿110ビルは多くの人にとって需要のあるビルになっていくかもしれません。

110ビルにオープンする予定のお店が全て判明
110ビルの中にブックオフ新宿駅西口店がオープンへ

広告