小田急百貨店で「創業記念 北海道物産展」がスタート

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

北海道物産展小田急百貨店では、北海道の海産物などを材料にして作られたお弁当などを販売する北海道にちなんだ物産展が本日からスタートしています。

フロアは全体的に「海の幸」の香りが漂っており、海鮮弁当を始め、魚介類をふんだんに使った料理がいくつも販売されておりました。イートインコーナーではいずれも小田急百貨店の創業記念限定品として、アスパラや鮭がトッピングとして乗っかっている豚丼やラーメンが販売されており、北海道で取れた魚などをネタにしたお寿司も提供されていました。豚丼は、チーズやウニをトッピングとして注文できるタイプのものもあるそうです。

大半が食べ物のエリアになっていましたが、会場の左奥手には雑貨類も販売されています。これらのコーナーで目立っていたのは柔らかなデザインで描かれていた招き猫などのグッズで、備長炭焼きによって作られた黒ずんだ猫なども販売されておりました。フェアは6月4日まで開催されており、最終日を除いて午後8時~8時30分ころまで開催することになっています。

・創業記念 北海道物産展|小田急百貨店 新宿店

広告