高島屋で「初夏の大北海道展」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

初夏の大北海道展高島屋では、北海道の様々な食品を販売する「初夏の大北海道展」を、5月9日から22日までの期間で開催しており、現在は1週目となるフェアが開催されています。

北海道の定番となっている白い恋人などももちろん販売されていますが、基本的には海産物を素材に使った料理が目立っており、正面入り口付近に設置されているエスカレーターでは、それらの匂いが「運搬」されていました。中央部分にはウニや毛ガニ、ほっけをはじめとした食材が数多く販売されており、エスカレーター付近では生チョコレートやカボチャプリンといったスイーツ類が顔を並べていました。また、イートインコーナーではラーメン店の「札幌 炎神」が初出店しており、今回のために作られた特別なメニューが提供されています。

このフェアでは選ばれた数店舗が「紅組」「白組」に分けられ、お互いのチームの得票数を競うというイベントも行われています。対象となった店舗で買い物を行うと投票用紙がもらえ、その中から抽選で30名に北海道の特産品がプレゼントされる事になっています。また、1週目に税込3000円以上の買い物を行った人には2週目で使用できる100円引きのクーポンも配布されていますので、2週連続で楽しみたいという方はこのお得な仕組みを利用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、初日には日本テレビの方がカメラを2つ持って取材に訪れており、その時の様子は5月10日に放送された「news every.」で放送されたようです。

・初夏の大北海道展(PDF)
・<特集.>ウマいモンてんこ盛り・密着・北海道物産展の舞台ウラ

広告