東京舞祭「秋」 29日と30日の2日間にかけて開催へ

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

都民広場保育園が設置されたり、リオから運ばれた五輪旗が披露されたりと、ここ1カ月にわたって慌ただしく動いている都民広場周辺ですが、今月末には東京舞祭「秋」が開催されることになりました。

一昨年から毎年秋になると開催されているこのイベントでは、子供が中心となって様々な演舞を披露するというもので、東京都内の各地にあるダンスクラブや有志の子供たちが踊りを披露します。既にタイムスケジュールも公開されており、29日は10時から17時、30日は9時から17時までの間に和の雰囲気を取り入れたヒップホップダンスや、現在風にアレンジされたソーラン節のようなダンスが行われるようです。

30日の会場は都民広場のみならず、都庁通りや新宿中央公園の水の広場も使用されるとのことで、普段は大人向けイベントが多い西新宿2丁目の一帯を使い、子供が思いきり踊ることになります。なお、開催期間は新宿芸術天国とほぼ一緒ですが、直接的なコラボなどは行われないようです。

東京舞祭

広告