全国観光PRコーナーで「夕張と東京をつなぐ夕張観光物産展」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

都庁の第一本庁舎にある全国観光PRコーナーでは、日ごろから全国各地の様々な自治体のPR活動が行われるイベントが行われていますが、今日から7月2日まで夕張メロンを始め、夕張市の様々な商品を販売するイベントが昨年に引き続き開催されます。

販売される商品は夕張メロンの他に「ゆるキャラ」として売り出されているメロン熊のグッズ、かつての夕張市の象徴でもあった石炭をモチーフにして作られたスイーツ類などが販売される事になっています。夕張メロンは個数限定になっており、また、特産品も日にちによって変わっていくそうです。こちらも昨年同様ですが、都庁前には宣伝カーも登場し、新宿駅周辺などを走っていくものと思われます。

オープニングセレモニーでは元東京都職員で現夕張市長の鈴木直道氏や猪瀬直樹副都知事が登場するほか、農作業体験などを夕張市で行った東京都の職員らがメロン販売の手伝いを行うそうで、同じ会場内では炭鉱時代の写真を展示する写真展も開催されます。

・夕張市イベント オープニングセレモニーを開催
全国観光PRコーナー
同時開催「炭鉱遺産写真展 炭鉱(やま)の風景」について
今年もメロンの季節がやってきました!
・北海道夕張市『夕張と東京をつなぐ夕張観光物産展』

広告